ブログ

ブログ

横山/色鉛筆で球を描いてみる

カテゴリ:色鉛筆クラス

  • 作成:辻悦子

濃い赤、薄い赤

濃い赤、薄い赤、濃い緑、薄い緑

◎感想/講師:横山大河 色鉛筆講座 第2回目では、球を描きながら、「陰影を描く」とはどういうことか改めて考えて制作を行いました。 物の光の当たっていない部分である「陰」、物が地面に落としている暗がりである「影」、さらに陰の起点となっている物の形の大きな変わり目の「稜線」、地面に当たった光が跳ね返って物を照らす「反射光」など、陰影の要素を細分化して捉え直しました。 上の要素は、普段モチーフを観察する中で無意識に感じている事ですが、改めて意識する事で、絵の表現の幅を広げる事に繋がってくると思います。その中でも特に稜線はなかなか捉えづらいかも知れませんが、意識して常に見ようとする事で、必ず段々と見えるようになってきます。 何回も線を引いたり、色を塗っていくことを繰り返す中で技術が上達するのと同じように、稜線をはじめとする陰影の要素も、本人が「見よう」と意識する事で見える情報量や精度が上がってきます。絵を描く技術ばかりを鍛える事に注目してしまいがちですが、それと同じくらい(もしくはそれ以上かもしれません)「見る力」を鍛える事もとても大切です。描く時間と同じくらい、モチーフを観察する時間も取って頂けたらと思います。 色々な角度から見てみたり、触ってみたりなど、モチーフから様々な情報を読み取る事で、自然と描き方も変わっていくのではないかと思います。 さて、次回の講座では果物や野菜など「色のある丸いもの」を描くことで、固有色のある物の陰影の色の作り方や立体感の出し方などを学びたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *facebookに写真を追加しました。→☆ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【土曜特別講座:色鉛筆画クラス】 対 象:アトリエ5おとな美術コースの生徒さん・OBOG・スタッフ 定 員:8名/開講1ヶ月前から先着順の受付 日 時:原則第4土曜日 1レッスン3時間 13:30〜16:30(休憩15分) 受講料:1回/2,700円(予約時) 休会・OBOGの方:3,240円(当日) 通年/2,700円×12回=32,400円→30,000円(割引) ご予約:お電話又はメール(右上の「メッセージを送る」からどうぞ→) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5