ブログ

ブログ

伊藤若冲・鶏図模写

カテゴリ:子供油絵クラス

  • 作成:辻悦子
子供油絵クラス 制作:2013年1~2月 ◎感想/講師:山田稔子 手には毛筆。正座した膝の傍らに、墨と水。この1・2月、一枚のキャンバスではなく何枚もの和紙に向かいました。 普段使うことも少ないであろう毛筆が、子どもたちの手にすんなりと馴染んでしまうのには感心しました。 穂先のしなりや弾力が、呼吸や身体の運動感覚を受け止めやすいのでしょうか。活動的な年頃の彼らのエネルギーにも十分に応え、抑揚の面白い線を引き出してくれます。さらに墨の濃淡で表現が広がることに興味を持った子どもたちは、ぐんぐんと短期間で驚くほど表現を磨き上げていきました。 理屈じゃなく「この感じなんだよねぇ」という筆勢のよさを分かち合えたことや、下描きなしの画面にも物怖じせず挑む果敢さ、教室中が冴え渡る緊張感の中で「本番」の一枚を描き上げる集中力は、さすが、鍛え抜かれた油絵クラスの面々。 その上、自分なりのアレンジを加えたりなど遊び心までをも盛り込む余裕があるのには、参りました!平成の若冲の心意気・ここにありです。縁遠く感じられがちな日本画や水墨画ですが、やはりネイティブ、江戸に生きた伊藤若冲の線の面白みに共鳴し、新鮮に純粋に楽しむことができたのではないでしょうか。 また今回は、作品の仕立てとしての『裏打ち』の体験、そしてサインとして各々手づくりの『落款』を捺して完成させました。来月の作品展ではこれらが一斉に並び「群鶏」となって、またどんな風に見えるのかが楽しみです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *facebook「アトリエ5」に、制作の様子を追加しました。→1☆ 2☆ 3☆ 4☆
ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5