ブログ

ブログ

五感の5月 バナナと子どもたち

カテゴリ:幼児クラス

  • 作成:山田 稔子

幼児クラスの5月の観察画モチーフは大きくて立派なバナナ。この季節に似合う様な爽やかないい色です。ご近所のスーパーにお願いし特別に入荷してもらいました。一つの房になんと19本!1本の長さは、子どもたちの肘から手先くらい。こんなに大きいのは初めて見たよと驚きの表情です。
抱えてみれば重さによろける子。緑色をしている方が固くて、黄色のところは柔らかい!との発見。甘い匂いはまだ浅いですが鼻先を近づけるとほんの少し香ります。「早く描きたい~(食べたい~笑)」とじれったそうですが、みんなでワイワイ共有し合う、この五感での観察タイムを大事にしています。

観察を通して得たもの。細部への興味、発見や理解。そのものの存在感から受けた印象。場の空気までをも含む全体的なイメージ。制作が始まると、一人ひとり、自分の捉え方感じ方に応じて、自分の表し方を探っています。じっくりいくのか、ぐいぐいやるか。画面に現れる線や色や重なるタッチに見入り、夢中で描きます。それぞれの心また体の動きで、バナナに迫って、バナナを超えて。主題はバナナだけれど、そこに跳躍する主役は自分自身。小気味いいほど、子どもたちの画面は違ってきます。

仕上げ近い段階になると、ふと他の子の絵を眺めて、その色いいな、どうやってつくったの?と会話が生まれています。自分の表現との対話が充実していたからこそ、他の人の表現に目を向け、関心を持てる。自分とは異なる良さを感じとり、素直に声を掛ける。表現を通した自然なコミュニケーションがいいなと感じました。そしてまた筆をとって自分の絵に戻り、自身の納得の形で作品の完成。やりきったー!と充実の表情、爽やかな気分でみんなと食べたバナナ、どんな味がしたでしょうか?
仲間と共感し合うことと、違った良さを認め合うことで、表現の広がりばかりでなく心の育ち合いも見られたように感じています。
 
*** 幼 児 ・ 6 月 の 体 験 レ ッ ス ン ***
梅雨の時期、室内でゆったり取り組める活動で豊かな感性を育みましょう。
体験レッスン受付中です。制作内容や指導方針、クラスの雰囲気等を実際に感じてみて下さい。
【対 象】年中・年長のお子様(4~5歳児)
     *年少さんはご相談下さい
【日 程】6/8(木),6/9(金)
     いずれかの希望日をお伝え下さい
【時 間】15:00~16:00
【内 容】音を聴いて描く「聴想画」
【受講料】1500円(ご紹介の方は無料!)
【欠員状況】木:余裕あり 金:残席わずか
体験後即日入会可能です(先着順)
tel: 044-511-5154(休:日曜日)10:30~15:00受付 
入力フォームはこちら↓ ご相談もお気軽にご記入下さい。
http://atelier-5.com/contact

◎◎◎◎◎ お す す め 情 報 ◎◎◎◎◎
横浜美術館・子どものアトリエ
親子のフリーゾーン
広い空間と豊富な材料で、親子で思いっきり造形活動を楽しめます。えのぐ、ねんど、紙工作。何つくる?何して遊ぶ?思いのまま「やってみたい!」をやってみましょう。晴れた日には屋外でも描くことができて、気持ちいいですよ!
6月は4日、11日、18日に開催。事前予約制です。
ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5