ブログ

ブログ

感じることを丁寧に

カテゴリ:幼児クラス

  • 作成:山田 稔子

夏へと向かうこの季節、晴雨寒暖ありで毎日の天候が不安定ですね。そんな中の静かな雨の日はなんだか落ち着き、普段とは少し違う感覚が開かれるようです。梅雨の6月は聴覚を使っての絵画制作「聴想画」に取り組みます。
幼児クラスで用意した音は二種類。木製おもちゃのカラコロツリーと、金属でできた二つのヒーリングボール。どちらも、小さな玉が転がる音です。ゴロンと仰向けに寝そべり静かに目を閉じて、灯りも消して、そっと音を鳴らします。—カタコトコロリン、と軽やかな乾いた響き。ジリ~~ン、ジワ~~ン…、滲むような響き—それぞれの音に、床を伝って背中にも音が響くのか、クスクスと小さく笑ってくすぐったそうだったり、目を閉じたまま心地よさそうに微笑みを浮かべる子も。

じゃあ、この音を絵にしてみましょう。音が何色かなんて、考えてもわからない。直感で掴んだ絵の具のチューブは一人ひとり違っていました。カタチはどう?身振りでやってみると、こうかな?? 子どもたち自身の心と体の反応で、目には見えない音は姿を成していきます。音に合わせてリズミカルな線が生まれ、心に浮かんだ色は混ざり合って滲みます。
道具や色々な技法を用いながらも、シンプルに線と色と○○○…の形でできていく構図と画面。制限なく筆を走らせるのも面白いですが、要素を限定することで個々の感じ方・表し方の違いがより際立ってきます。

意図を超えた効果に自身でも魅了されながら、のめり込んで制作する姿。耳だけでなく身体ごと、音の響きにゆったり浸るように聴いた体験で、子どもたちの心が文字通り音に共鳴し表現につながったのかと思います。

感じることを丁寧に。答えを急がず、成果を焦らず。子どもたちが自分の力を十分に発揮できるには、知識を頭で理解することよりもまず、感受することの充実があればこそと思います。

 

 

*** 幼 児 ・ 夏 の 体 験 レ ッ ス ン ***
夏休み企画で、各回造形遊びを予定しています。お試しで体験レッスンはいかがでしょうか?
制作内容や指導方針、クラスの雰囲気を実際に感じてみて下さい。体験後、即日入会も可能です(残席僅かの為先着順になります)。

【対 象】年中・年長のお子様(4~5歳児)
  *年少さんはご相談下さい
 
【時 間】木曜日 15:00~16:00(60分)
  *体験当日はなるべく始業10分前にお越し下さい
 
【日程・内容】
 8/ 3(木) テラコッタ(粘土制作)
 8/17(木) えのぐ造形あそび
 8/24(木) 紙の造形あそび 
 9/ 7(木) クロッキー
 *いずれかの希望日をお伝え下さい
     
【受講料】1500円(ご紹介の方は無料!)
【持ち物】画材は全て教室でご用意します。
【服 装】汚れても良い服装でお越し下さい。

=お問合せ:アトリエ5 =

☎️ 044 – 411 – 5154

(休:日曜日)10:30〜15:00

入力フォームはこちら↓ ご相談もお気軽にご記入下さい。
http://atelier-5.com/contact
ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5