ブログ

ブログ

幼児 絵画/おめでとうの花

カテゴリ:幼児クラス

  • 作成:辻悦子

幼児クラス講師:福田希美

作品展後アトリエ5のお部屋にはたくさんの春の花が集まりました。

子どもたちはアトリエ5のドアを開けて花々の存在に気がつくと「わー!すっごーい!」「なんで?(いつもと)ちがーう!」と全身でリアクション。

この花は、作品展会場“生け花コーナー”にて子どもたちの作品と共に咲いていた花や、開催にあたってみんなの元へ届いたお祝いの花なのです。

「このお花はね、みんなのために集まったおめでとうの花なんだよ。」と子どもたちに伝えると、皆一斉に照れた表情を浮かべていました。

 

お気に入りの花を一輪。自分の花瓶の中に連れてきて、鉛筆を握ります。

と その直後に、ある男の子が(故意ではなく)チューリップをポキっと折ってしまうというハプニング。しかし勿論それを責める子はおらず、「チューリップってすぐに折れちゃうんだよね・・」と女の子が一言。あまりの儚さにみんなでしょんぼりしていましたが、そんな時「じゃあさ、歩くときとか気をつけた方がいいね。」「持つときも葉っぱを持った方がいいかも・・」「え?!それじゃ葉っぱ破れちゃうんじゃない?」と、意見を交わしてチューリップを思いやる場となりました。

改めてお花に触れる時のお約束を確認して、持ち場に戻ります。

花びら1枚1枚、茎の長さや曲がり方、葉っぱの形。子どもたちの観察の表情は真剣そのものです。小さなところに大きな発見。「こんなところに星の形が見えるよ!」「え?どこ?」「ここ、よく見るとなんか強そうな色・・」「ほんとだ・・」発見を仲間と共有することで感動は何倍にも膨れあがります。

時に指先で優しく触れて生花の温度や厚みを肌で感じながら、瑞々しい花の命が子どもたちの画用紙に宿るようでした。

 

作品展前とはまた違った表情で自分の表現に没頭する子どもたち。

進級にあたって最後の「またね」は少しさみしくもありましたが、どの子もワクワクの表情で新しい生活に踏み込んでいきました。

.

【2019作品展 幼児クラスの様子】

http://atelier-5.com/blog/sakuhin-ten/?p=9883

.

=== 2019年度 幼児クラス生徒募集情報 ===

おかげさまでご好評いただき残席数もわずかとなっております。

先着順にてお席が埋まり次第締め切りとなりますのでお早めにご連絡ください。

 

【お問い合わせフォーム】https://coubic.com/atelier5/contact

 *24時間受付・返信には少々お時間をいただく場合がございます

【お電話でのお問い合わせ】044-411-5154(木・金曜日14:30~15:00、16:15頃)

 *レッスン時間中のお電話はご遠慮願います

ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5