ブログ

ブログ

【作品展2022】言葉にならない想いを

カテゴリ:作品展

  • 作成:山田 稔子

<幼児クラス 上之山見奈子:記>

天候にも恵まれ、作品展を開催し、無事終えることが出来ました事を、心より感謝致します。

不穏な情勢にも関わらず、作品で飾られた会場は、ただただ活気や生命力に溢れ、未来や可能性や希望に満ち、愛とか夢とか、笑顔とか優しさとか、そんな良いものだけしか無いような気持ちを、皆で共有できる、幸せに浸れるひと時の空間でした。

今も変わらずに続く、厳しいニュースに、ふと、もしかしたら、絵を描いたり、ものを作ったりすることは、手を差し伸べるとか、そっと背に手を置くこと等と同じ事なのかもしれない。言葉にならない声を、声にならない想いを、私たちは、確かに持っている。

 

図画工作の時間は じょうずに絵をかいたり、ものを作ったりするのが めあてではありません。じょうずにかこうとするよりも、見たり考えたりしたことを、自分で感じたとおりに かいたり作ったりすることが大切です。

しんけんに絵をかき、ものを作り続けていると、じょうずになるだけでなく、人としての感じかたも育ちます。このくり返しのなかで 自然の大きさがわかり、どんな人にならなければならないかが わかってきます。これが めあてです。佐藤忠良『子供の美術』

 

自分の作品が、大きな会場に飾られ、多くの人に褒められ、また、沢山の他の作品を見て、自分もあんな風に描けるようになりたいと、キラキラした子ども達の目を見ると、スタッフの一員として、今回この作品展に携われました事を、私もまた誇りに思えるのです。

ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました。

 

*こども会場の振り返り*

↑動画でご覧いただけます

ページトップへ
ページトップへ
Copyright © Atelier 5